Home    About    Class    Event    Works    Blog    Contact  
はじめてのダーニングと季節のごはんの会 in toricot
Img_f3723f776830a0bb10572531e00ad966
暮らしの装飾家・ミスミノリコさんに教えていただくダーニングのワークショプ、
春にまた開催をしていただけることになりました。


ついてしまったシミ、うっかりあけてしまった穴も、
その人の重ねてきた日々の出来事。
無理に隠さず、思い出の品に寄り添うような
お繕い方法をご紹介していただきます。

手を動かしたあとは、
toricotの季節のごはんをご用意しております。


日時 : 4月4日(水) 11:00-14:00頃 残席僅かです
   4月26日(木)11:00-14:00頃 満席・キャンセル待ち受付中
場所 : toricot 二階堂のアトリエ(鎌倉市二階堂)
料金 : 6,000円(受講費、材料費、お食事、お茶代込み)


【内容】
各自の繕いたいものを持ち寄り、
ダーニングマッシュルームを使った
お繕い方法を教えていただきます。
その他、パンチングニードルを使った
手軽なお繕い方法もご紹介してくださいます。

【持ちもの】
筆記用具、繕いたいもの、糸切りバサミ、
ダーニングマッシュルームをお持ちの方はご持参ください。
ご希望の方には、当日マッシュルームの販売をいたします。
(お持ちではない方は、お貸し出しします。)

【繕いたいものの例】
穴のあいた靴下やセーターなど。
穴の大きさは3センチくらいまで。
極端に厚手のものや薄手のものは避けてください。
お繕いできない場合もございます。
ニット素材がお繕いしやすくオススメです。
(お繕いするものがない方は、こちらで生地をご用意することも
可能ですので、申し込みの際お知らせください。)


【プロフィール】
ミスミノリコ
ディスプレイデザイナー/暮らしの装飾家
 
”あしらい好きの母親と、
壊れたものはなんでも直してしまう職人肌の父親と。
2人を見て育ったわたしはやはり、
手を動かすことが好きでした。
日曜のたび、父親に連れられて行くのは近所のホームセンター。
店の看板にはこう書いてある。
「do it yourself」。
わくわくする言葉だった。
大人になった今も、好きなことはそんなに変わらない。
キーワードは「自分でやってみよう」。
少しのdo itで毎日の暮らしを明るく楽しくする提案を
日々考えています。”
 
美大でテキスタイルを学んだのち、
ウィンドーディスプレイやスタイリングの仕事に携わる。
現在は独立し、店舗のディスプレイや雑誌、
書籍のスタイリングなど幅広く活躍中。
ふだんの暮らしに取り入れられる、
デコレーションアイデアや手作りの楽しさを発信している。
著書として『繕う暮らし』
共著として『手作りスタンプのアイデア帖』
(ともに主婦と生活社)がある。
ミスミノリコHP
 (Click!) 

【プロフィール】
赤城 美知子
野菜料理とお菓子の教室toricot主宰

2007年春より、toricotを主宰。
20代のはじめから「食」に関わりはじめ、
料理をつくり、お菓子を焼く日々を過ごす中で、
日々のごはんはおいしい素材とちょっとの調味料で十分なこと、
そして人を笑顔にするお菓子の魔法を知る。
旅が好き。北欧、東欧、西欧、旧ユーゴスラビア、
東南アジア...あちこち出かけては、人と出会い、
異国の暮らしやものと出会い、
すこしの大切なものと一緒に身軽に暮らす心地よさを知る。
現在は、緑に囲まれた一軒家でのんびりと生活中。
toricotHP
 (Click!) 


お申し込み、お問い合わせは、e-mailにてお願いいたします。
Img_6053dc6cb87c1a29c1043f7cc8b344db